最先端技術を活用した植物工場併設型加工場

食の安全を徹底追求した植物工場と加工場

再生可能エネルギーや循環型システムの導入、新技術を積極的に採用し、温暖化対策・冷暖房効率を図ります。栽培及び加工生産のトレサビリティーを管理(農場管理システム認証GLOBAL GAP)し、加工場は国際衛生管理基準FSSC22000の認証を取得。

六次産業化農場物加工場の一体型生産管理:農場管理システム認証GLOBAL GAP、食品安全システム認証FSSC22000[取得予定]

「しらかわ・きずな農場」が実現する六次産業化

完全閉鎖型植物工場と加工場の一体生産加工に加え、栽培及び加工生産のトレサビリティーを管理することで、地元農産物(吉田農場/近隣農家NWらが栽培するきのこ・各種野菜・フルーツ)をも活用した六次産業化を目指します。

 

※下記図中の「中庭」は閉鎖いたしました。

 

世界一安全な野菜を白河から!石原和幸氏